『徒手療法家のための基礎講座』
Web第11期
「徒手療法における評価・応用」

¥9,900

『徒手療法家のための基礎講座』Web第11期 「徒手療法における評価・応用」

今回は一般検査にあたる問診、視診/触診をどのように徒手療法の分野に活用していくかということをテーマに、それぞれの評価を考えます。また、それぞれの評価のつながりも一緒に考えていきます。
評価のつながりが上手くいかない先生や、施術ポイントが上手く絞れない先生には是非ご参加いただければと思います。

日 時:2024年7月~10月 PM 7:30~9:00
    ※7~9月は第1,2,3週、10月は第2,3週金曜日開催    
参加費:7~9月は各月3回分9,900円(税別9,000円)、10月は2回分7,150円(税別6,500円)
講 師:辻本 善光(つじもと よしみつ)
こちらはZoomによるWebセミナーです

※クレジットカードでのお支払いを受けつけております。ご希望の場合、お支払い方法で「クレジット払い」を選択ください

7月

販売価格
¥9,900

数量

在庫 : 在庫有り

一括申込(請求は各月ごと)

販売価格
¥9,900

数量

在庫 : 在庫有り

7月
  5日 問診:患者さんのストーリーを考える
 12日 視診:観察と視診、視診から考える脚長差
 19日 下肢長計測、脚長差検査のための準備、脚長差の原因と施術ポイント

8月
  2日 触診:視診から考える触診、
 9日 可動域検査1:可動域検査とは、四肢と脊椎の可動域検査の違い
 16日 可動域検査2:正常な制限と異常な制限、エンドフィール

9月
  6日 可動域検査3:可動域テストから考えるモーション・パルペーション、施術すべき制限
 13日 可動域検査4:代償運動とは
 20日 筋力テスト:触診から考える筋力テスト、筋力テストを用いた問題点の鑑別

10月
 11日 神経学テスト1:神経学テスト基礎
 18日 神経学テスト2:神経学テストの応用

辻本 善光(つじもと・よしみつ)

現在、辻本カイロプラクティックオフィス(和歌山市)で開業。
現インターナショナル・カイロプラクティック・カレッジ(ICC、東大阪市)に、22年間勤め、その間、教務部長、臨床研究室長を務め、解剖学、一般検査、生体力学、四肢、リハビリテーション医学、クリニカル・カンファレンスなど、主に基礎系の教科を担当。
日本カイロプラクティック徒手医学会(JSCC)学術大会でワークショップの講師を務め、日本カイロプラクティック登録機構(JCR)設立当初には試験作成委員をつとめる。
現在は、ICCブリッジおよびコンバージョン・コースの講師をつとめ、また個人としてはカイロプラクティックの基礎教育普及のため、基礎検査のワークショップを各地で開催するなど、基礎検査のスペシャリストとして定評がある。