徒手療法家のための基礎講座:Web第5期「整形外科テストを考える」

◆セミナー概要◆
日時 2021 年 7 月 30 日(金)、8 月 6 日(金)、20 日(金)、27 日(金)、9 月 3 日(金)
PM7:30~9:00
参加費 全 5 回 13,750 円(税別 12,500 円)
講師 辻本 善光

資料ダウンロードはこちら

※セミナー資料の郵送を申し込む方は
申し込みページ「発送・支払方法」内の備考欄に
「資料郵送希望」の記入をお願いいたします。

Seminar, オンラインセミナー, 商品, 辻本善光コメント: 0
全5回 7/30 8/6 8/20 8/27 9/3

第 1 回 腰椎部 【7 月 30 日】
⚫ 支持前屈テスト
⚫ ナクラス/エリー/ヒッブテスト
⚫ イヨ―マン/大腿神経伸延テスト
⚫ ケンプ テスト
⚫ SLR/ブラガード テスト
第 2 回 骨盤部 【8 月 6 日】
⚫ 仙腸関節不安定性のテスト
第 3 回 胸部、腰部/骨盤部/腰部まとめ 【8 月 20 日】
⚫ マッケンジー グライド スライドテスト
⚫ シュペルマン徴候
⚫ ソートホール/ブルジンスキー徴候
⚫ 胸骨圧迫テスト
⚫ 胸郭拡張テスト
第 4 回 頚部 1 【8 月 27 日】
⚫ 椎骨脳底動脈不全
第 5 回 頚部 2、頚部まとめ 【9 月 3 日】
⚫ 胸郭出口症候群

講師からのメッセージ
従来、整形外科テストは施術者が受療者の損傷組織の特定、損傷の程度の把握、もしくは損傷
メカニズムの解明などのために使用されるもので、多くの検査では患部にストレスをかけ、症状の
誘発を行うことになります。
整形外科テストの教本では障害または疾患別に記載されていますが、施術者が1つの動作に
おいてより多くの情報を導き出せれば、何度も同じような体勢を受療者にさせることもなく、少ない
負担でその目的が果たせるのではないでしょうか?
今回は可動域テストの延長にある整形外科テストにおいて、その動作を生体力学的に説明し、
行う必要のない余計なテストを省くことを目的としています。これらのテストは他動運動と自動運動
の上に成り立っていて、それぞれの運動時にどのような組織が関与しているかが理解できれば、
多くの情報を少ない刺激で得ることができます。
徒手療法に携わる施術者にとって重要なことは、診断を下すことではなく、どの組織にどのよう
なストレスが加わったときに受療者の症状が発症するかということです。
【参考資料】カパンジー機能解剖学(医歯薬出版株式会社)
アナトミー・トレイン(株式会社医学書院)
写真で学ぶ 整形外科テスト法(医道の日本)

Date

2021 7月 30
Expired!

Time

7:30 PM - 9:00 PM

Local Time

  • Timezone: America/New_York
  • Date: 2021 7月 30
  • Time: 6:30 AM - 8:00 AM
Category

Next Occurrence

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。